February 18

InteliMacってどう?

Intel搭載になってiMacはどうなのかと気になるところですが

ITmediaのこばやしゆたか氏が一週間
20インチモデルを使ってみた結果をiMac G5と
比較しながらレビューされた記事が掲載されています
OSXが10.4.5にアップデートされる前の10.4.4でのレビューです

外見はほとんど変わらないが
ソフトウェアのほとんど全部がUniversal化されているらしい
小さなツールにいたるまで全部
UnixコマンドもUniversal化されている
唯一の例外が「Ogffice 2004 for Mac Test Drive」

そして私は使った事がないがClassicは使えなくなった
Classicを使っておられるプロのかたは多いようで
嘆きのブログをときどき見かけます

また苦労してもうまくいかなかった「Flip4Mac」も
まだUniversal化されておれず 対応待ちになる

そして2倍早い速度については
起動速度は2倍速く
iDVDによるDVDエンコードはiMac G5の57.5%の時間ですみ
リアルタイムで圧縮できている

QuickTimeはIntelへの最適化が進んでないようで
H.264での圧縮(何の事かさっぱりわからない)とか
iTunesによるリッピングなどはあまり変わらないよう

非Universal系のソフトにいたっては若干遅くなっている
Photoshop CS2の起動時間はそれ程変わらないものの
フィルタの処理時間にいたっては倍遅くなっている
(Rosettaの問題)

これもUniversal化されれば2倍速くなるのか...

結論として「普通に使う人」にはとっても
魅力的なマシンでその速さを素直に味わえ
そうでない人には 
もう少し待ちといったところのよう




posted by nei at 05:07 | Mac
Retweet!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。