April 15

Gmailを便利に使う

Gmailは色々と便利なのですが
便利な一つに差出人の名やアドレスを変えて送れるというのがあります

● 設定は

 * ログインします
 * ページ上部の「設定」をクリック
 * 「アカウントの設定」タブをクリック
 * 「名前」欄の「他のメールアドレスを追加」をクリック
 * 任意の名前とメールアドレスを入力して「次のステップ」をクリック
 * 「確認メールの送信」をクリック
 * 設定したメールアドレスに確認メールが送信されるのでリンクをクリックして完了です

ここで注意が必要なんですがメールのソースヘッダにはGmailのアドレスが表示されますので、ソースを見られたらバレバレですのでヘンな事はできません。
(迷惑メールとして処理されないようにという事らしいんですが
Midrosoft Outlookの一部のバージョンではメールヘッダの送信者欄に表示されてしまう場合もあるそうです)
 
メールのソースヘッダを見るには

●Macの場合

 メッセージを表示して
 メニューバーの「表示」→「メッセージ」→「全てのヘッダ」又は「ソース」

●他のメールアプリケーションをお使いの場合

 メッセージを表示して
 メニューバーの「ソース」「表示」又は「ソース表示」などで見られるようです

迷惑メールを送信するドメインの管理者に連絡する場合
このソースヘッダを送る必要があるようです


Gmailには他にも色々便利な機能がありますが
これはイイと思うのは

●スパムフィルタとして使う
  Gmaleのスパムフィルタはヘタなソフトより優秀だそうです
  そこで一旦Gmailに転送してGmailから又転送するように設定する
 
●Gmailから他に転送する設定

 * Gmailログイン→「設定」
 * 「メール転送とpop転送」タブをクリック
 * 「転送」欄の「受信メールを次のアドレスに転送」のラジオボタンをクリック
 * 転送先アドレスを入力します


●もう一つ「+○○○」でサブアカウントを幾つも作れます
 
例えばmac@gmail.comというアドレスの場合
mac+cafe@gmail.com にしても「+」より後は無視されるのでちゃんと受信出来ます
一部対応していない業者もあるようです下に対応表のリンク貼って置きます
あとはラベルを付けて宛先別にフィルタを作成すると便利です

又「.」ドットを入れても受信できます(@より前 m.a.c@gmail.comとか)


Gmailは以前より使わせてもらっていますが、今回もう一つアドレスが欲しくなり色々調べていてこんな機能を知りました
今迄は何もせず(基本中の基本 ラベル分けなどもせず)使っていました

たいがい必要に迫られないと何もしない体質のようです


フィルタの設定の仕方は
Gmailの使い方さんのGmailフィルタの使い方に詳しく書かれています
+対応表
G-Fan@Wiki Gmailエイリアス「+」対応表
 
posted by nei at 03:29 | Google
Retweet!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。