June 17

AppleがWindows版Safariをリリースした訳

Appleは15日Windows版Safari™のダウンロード件数が
最初の48時間で100万件を超えたと発表しています

パブリックベータ版ですのでバグが色々報告されてたのを
修正したアップデートがさっそくリリースされています

Safariのアップデートはアップルの「ソフトウェア・アップデート」を使ってシームレスに行なわれるそうです

それにしてもすごい反響ですね
日本の方もたくさんDLされた事と思いますが
英語版ですので日本語には対応していません

日本語を表示するには
フォント名に日本語を含まないフォントを指定すればいいらしい
                by 最速インターフェイス研究会

私はほとんどFirefoxを利用しているのでまだDLしてないんですが
Mac用のは大丈夫らしいです

ITmedia +Dの「WWDC'07 基調講演「解説」編」
期待はずれ? 「One more thing」の真相を読み解く

にあるとおりAppleの戦略がSafariの普及拡大だとしたら
見事に勝鬨を挙げそうな気配になっていますね

また、Googleがアプリケーションをオフライン状態でも利用可能にする「Google Gears」を発表しており、MacのSafariにも次期バージョンで対応する予定を明かしているそうですが

Google Gearsの技術がGoogle Docsに対応すれば
Safari経由で表計算やワープロなどたいていのことができるようになるという

となればSafariを利用する人はもっと増えるでしょう

私としてはFirefoxのようにプラグインに対応して便利な機能を拡張できるようになればうれしいんですが..

タグ:safari
posted by nei at 06:52 | Mac
Retweet!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。